言葉録

苦しいとき、辛いとき、悲しいとき、どうしたらいいかわからなくなってしまったとき、そんなときにパッと開いて自分を救う言葉があればいいなと思い、本や他人様のブログから(勝手に拝借して)載せています。m(_ _)m

皆、同じ

昨日は久しぶりに名古屋駅に行った。

百貨店の商品券があるので、何か買おうと思ったけど、

何もかも、地元で買うものより「0」がひとつ多いわ。。。

 

結局何も買わなかった。

 

それはついでだけど、

名古屋に行った目的は、高校時代の友人たちと会うため。

 

毎年のように会っていたけど、みんな急がしくしていて、今回は久しぶり。

 

JR13階の『モクモク』というレストランで食事をして、『ノリタケの森』(食器)まで歩いて、着いた途端に庭園に設置してあるテーブル付きの椅子に座り、またおしゃべり、名駅まで戻って喫茶店でおしゃべり。

 

とにかくしゃべるしゃべる。

 

内容はといえば、もう、本当にたわいもないことばかりだ。

お金のこと、家族のこと、人間関係のこと、

 

 

 

f:id:kotobaroku:20190714100334j:plain

(ゴタゴタのストーリー)と(神聖なストーリー)とエゴが勝手に種類分けしただけで 

見ているストーリーをしゃべっていることには変わりがない。

 

 ただ、彼女たちと共にいる今という時間を愛しんでいた。

 

 

 

あ、そうそう!

私の中で彼女たちの会話からもっともヒットしたのが

「半田のオグリ牧場は小栗旬のおじいさんがやってるんだって」っていうの。

「えーーーー、小栗旬ってあの有名な小栗旬?!」

 

家に帰ってさっそく調べたが、小栗旬のお父さんが半田市出身ということは書かれていたが、

オグリ牧場との関連は一つも出てこなかった。(笑) 

 

愛と智慧の泉18(書き起こし)

我は弱き無力なるもの
聖霊の導きなくして何事も為すあたわず
聖霊の力なくして、かたときも生きるあたわず


嬰児が母を慕いて泣くごとく
我はあけくれ父と聖霊の御名を呼ぶ


我は列弱者なれど、我がうちに父の烙印、聖霊宿る


されば人生の逆境暗黒中にありて常に聖霊我にありて働き、

我を慰め、わが内なる希望の灯となりて輝く


我が永遠の安らぎは聖霊によりて満たさる


聖霊は我が求めのすべてを知り、父の愛を持って常に満たしたもう

 

我は仏教によらず、キリスト教によらず、宗教によらず、

我はただ生ける聖霊を知れるのみ

 

我は神や仏やあらゆる宗教から追放されるとも、

なお心に愛と平安歓喜あり、

天楽あり、溢れる智慧の泉あり

 

これ我が聖霊のたまものなり

我は信仰をも放出したり

 

我、生くるにあらず

聖霊、我にありて生くるなり

 

 我は真理なり、道なり、聖霊なり

聖霊の宮なり

 

 

 


耳から学ぶ 瞑想録・愛と智慧の泉 18 (四)闇を通して 6 われは道なり -聴きものがたり

 

肉体は聖霊のコミュニケーションツール

 

 

f:id:kotobaroku:20190712094715j:plain

・まず聖霊に預ける

聖霊から降りて来たものを使用する

・水平=コミュニケーション・・・エネルギーと情報の交歓

・垂直=行動と結果