言葉録

苦しいとき、辛いとき、悲しいとき、どうしたらいいかわからなくなってしまったとき、そんなときにパッと開いて自分を救う言葉があればいいなと思い、本や他人様のブログから(勝手に拝借して)載せています。m(_ _)m

レッスン72「不平不満を抱くことは、救済のための神の計画に対する攻撃だ。」

 

エゴ救済計画は、の座を奪うためのもので、身体を道具として、個別の心を身体に幽閉されているように幻惑し、の子の真の姿が見えないようにする計画であるということが丁寧に解説されています。

 

今日のレッスンの中で重要な一文を抜粋します。


「To be without a body is to be in our natural state. 
身体なしの状態にあることは、私たちの本来の状態にあるということです。

 

★昨日、朝は身体がない感覚、夕方からは身体感覚がこの世界にしっかりと繋ぎとめようとしていて、その感覚からどんなに逃れようとしてもできない、という二つの感覚を体験した。

体験させられたんだなぁ・・・

 

 

エゴ計画は、計画への積極的な攻撃であり、の計画を台無しにしようとする意図的な試みだ

 

エゴというのは、神に取って代わりたいという願望を物質的に体現したものです。

 

★まがい物の愛(所有と支配)によって、

エゴの子をどんどん生産する神の模倣

なんだなぁ・・・

 

心は周囲を身体で取り囲まれているように見えており、

心は分離させられたままで孤立し、

心を幽閉するために作られた身体を通して以外には、

他の心に触れることもできないようになっています。

 

 

不平不満を抱くことが、なぜ神の救済の計画に対する攻撃となるのか

 

ある人があなたの気に入らないことを何か言ったであるとか。

彼が、あなたを不快にさせる何かをしたとか。

彼が、うっかり自分の振る舞いによって、自分の敵意のこもった思いを「さらけ出し」てしまったとかということです。

 

ひとつの身体の中で彼が何をしているかということだけに注意を向けていているのです。

あなたは積極的に、身体と彼を混同し、彼と身体がひとつのものだと価値判断をすることによって、彼を身体に束縛しようと努めているのです。

 

このようにして、神への攻撃がなされているのです。

というのは、もし神の子が身体でしかないなら、神も同じように身体に違いないということになるからです。

 

身体が見たところ現実であるように見えることが、このような見方で神を捉えることをきわめて説得的なものにします。

 

そして、あなたが不平不満を抱くたびに、不平不満は身体が本物であると強調します

 不平不満は、完全に、あなたの兄弟が何者であるかということを見落としてしまっています。

 不平不満を抱く心は、兄弟が身体であるとの信念を強化することになり、

そして、身体について兄弟を非難することになります。

 

身体があなた自身についての自己概念の中核に位置する限り、

あなたは神の救済の計画を攻撃しているのであり、

神と神の創造物に対して不平不満を抱いているのす。

そのせいで、あなたには真理の声は聞こえないだろうし、

真理の声を友として歓迎しようとすることもないでしょう。

 

 

What is salvation, Father? 
父よ、救いとは何なのでしょうか。

I do not know.
私にはわかりません。

Tell me, that I may understand.
どうか私に理解できるように、私に教えてください。


 He will answer. 
 神は答えてくれます。

 Be determined to hear.
 聞く決心をしておいてください。

 

 


Holding grievances is an attack on God's plan for salvation.
不平不満を抱くことは、神の救済の計画を攻撃することだ。

Let me accept it instead. 
攻撃する代わりに、私に神の計画を受け入れさせてください。

What is salvation, Father?
父よ、救いとは何なのでしょうか。

 

 

 

<朗読> 

ACIM workbook71-75 奇跡講座 第2巻71~75日目 - YouTube

 

T1-intro,1 奇跡の原理

T1-intro,1 奇跡の原理 - テキスト第1章(奇跡の意味)

 

Nothing real can be threatened.
実在するものは一切、脅かされることはありえません。

Nothing unreal exists.
実在しないものは、何ひとつとして存在しないのです。

 

 

創造主の似姿としてのあなたが創造したもの以外は何もかも、ことごとくあなた自身の悪夢なのであって、存在しません。

 

ただ光によって創造されたものたちだけが実在します。

 

T1-2 啓示と奇跡はどう違うの?時間とはどんな関係にある? - テキスト第1章(奇跡の意味)

 

 啓示は、あなたを神と直接的に結びつけます。

奇跡は、あなたをあなたの兄弟と直接的に結びつけます。

 

啓示奇跡も、意識することで起こるものではありませんが(意識から発生するものではないが、)

 

ともに意識において経験されるものです。

 

❖ "Neither emanates ~"「奇跡も啓示も、どちらも意識から発生しするのではない」。"but both ~"「しかし、どちらも意識の上で経験される」。 

A Course in Miracles - Text: T-1.II.1:1 ~ T-1.II.2:7

 

 

 

www.youtube.com

T23-3 妥協することのない救済

T23-3 妥協することのない救済 - テキスト第23章(自分自身との戦い)

 

あなたが攻撃だとは気づかないような形をとることのできる攻撃もあるというのは、本当のことではないでしょうか

 

包み紙が、あなたが与える贈り物を作り出してくれるわけではありません。

 空っぽの箱は、どれほど美しかろうが、どんなに優しく与えられようが、中には何も入ってはいないままなのです。

 そして、受け取るほうも与えるほうも、いつまでも騙されたままではいません。

 自分の兄弟に赦しを与えずにおくとき、あなたは彼のことを攻撃しているのです。

 

★妥協をしずに、しっかりと自分に向き合う時がきているように最近感じていた。

ここに書いて学習することも控えたほうがいいようにも感じていた。

どちらにしても(これからの学習の仕方は)聖霊に任せる。

 

 

T8-4 自由という贈り物

T8-4 自由という贈り物 - テキスト第8章(戻りの旅路)

 

神はすべての存在の中にあるすべてなのです。

 

私はたとえ世の終りまでであろうと、いつまでも、あなたがたとともにいると述べました。

 だからこそ、私はこの世界の光なのです。

 それゆえに、私の目的は今なお、この世界に打ち勝つことなのです。

 

 

光は闇を攻撃することはありません。しかし、光はその輝きで闇を一掃します。

 もし私の光がどこにでもあなたとともに行くなら、あなたは私とともに光でその闇を消滅させます。

 その光は私たちのものとなり、あなたが行くところにはどこにも闇が留まれなくなるように、あなたも闇の中に留まることなどできなくなります。

 私を思い出すことは、あなた自身を思い出すことであり、そして、あなたの許に私を遣わした神を思い出すことなのです。

 

★昨日、仕事場に着いて、

「なぜ私はまだこんなところにいるんだろう。

ここにいる意味があるんだろうか・・・」

と思った時、

「私は光を携えていくんだ、それだけでここにいる意味がある。」と思った。

(で、、、、仕事場に入った途端に、そのことは忘れたが・・・)

 

 

この世界は私を蔑み、拒絶するに違いありません。なぜなら、この世界ははありえないという信念だからです。

 

★私も愛を信じていなかった。

この世界に愛などあるはずがないと信じていた。

”愛”と書いて”偽り”と読んでもいいくらいに思っていた。

 

昨日、ある朗読を聴いていて、「私は在る」「私は在る」と言い続けなさい。と言っていた。

さっそく試してみた。

全然反応がない。

他にも「私が光だ」「私はスピリットだ」などなど、言ってみたけど、、、

全然反応がない。

そして「私は愛だ」と言った時、わぁーーっとハートが開いた。

涙が込み上げてきた。

ジーザスと同じ愛なんだ、って。

これがわたしの鍵をあける言葉だった。

 

 

 もしあなたが私のようになりたいと望むなら、あなたと私は同じものだと知っているので、私はあなたを助けるつもりです。

 もしあなたが私と違ったものになりたいと望むなら、あなたが自分の心を変えるまで私は待ちましょう。

 

 

www.youtube.com

 

 

T2-3 祭壇はどこにある?

T2-3 祭壇はどこにある? - テキスト第2章(分離と贖罪)

 

修復された神殿の祭壇が開かれると、あなたの内部には、あらゆる分離の思考に対して効力を発揮するひとつの防衛装置が蔵され、あなたは完全に傷つくことのない存在とされます。

こうすることによって分離は癒されるのです。

 

最終的には、これが霊的な視力を再び覚醒させ、それと同時に肉眼への依存度を弱めます。

 

霊的な視力は内面に目を向けて、すぐに祭壇が穢されているのを認め、祭壇が修復と保護を必要としていることを認識します。


 霊的な視力は、正しい防衛の仕方を完全に弁えているので、他のあらゆるものを無視して誤りを越えて真理を見通します。

 霊的な視力は、その力強さのゆえに、心を霊に奉仕する状態へと導きます。

 こうして、心の力は回復されます。

そうなると、その心は、先延ばしをすることはただ無駄な苦痛を増すことにしかならないとわかってくるので、どんどん遅れを取ることに耐えられなくなってきます。

 その結果、心は、かつてはまったく些細なこととみなしていた不快感の侵入に対しても、ますます敏感になっていきます。

 

 

 

レッスン144「レッスン127と128の復習」

レッスン144「レッスン127と128の復習」 - レッスン141〜150

 

Lesson 144


My mind holds only what I think with God.
私のは、ただ私がと共に考える思いしか抱くことができない。

[127]
 There is no love but God's.
 以外存在しない。

[128]
 The world I see holds nothing that I want.
 私の見る世界には私の望むものは何もない。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

レッスン127「神の愛だけが存在する。」 - レッスン121〜130

 私たちは、1日を通して、彼らのことを思い出すようにします。

なぜなら、もし私たちが自分たちの真の自己を知ろうとするなら、私たちは、自分たちの一部を自分たちの愛の外側に置き去りにすることはできないからです。

 少なくとも1時間に3回は、あなたと共に旅する人、あなたが学ぶべきことを学ぶために来た人のことを思い浮かべてください。

 

兄弟よ、私は神の大いなる愛であなたを祝福します。

私はその神の大いなる愛をあなたと分かち合うつもりです。

なぜなら、私は、あなたの愛であり、私の愛であり、そして、みんなの愛である神の大いなる愛だけが存在するという喜ばしいレッスンを学ぶつもりだからです。

 

レッスン128「私の見るこの世界には、私の望むものは何もない。」 - レッスン121〜130

 あなたがこの世界価値を置いているすべてのものは、あなたをこの世界に縛りつける鎖でしかなく、それ以外の目的に役立つことはありません。

 もうこれ以上騙されていてはなりません。

今日こそ、あなたがこの世界に救いを知覚するときに、自分のを縛りつける鎖から逃れてください。

 

This will not tempt me to delay myself.
これが私を遅らせるよう誘惑することがないようにしよう。

The world I see holds nothing that I want.
私の見る世界には、私の望むものは何もない。

 

 

 

★昨日の朝、浮かんだ言葉を検索していて、奇跡講座を学習している方のblogを読んだ。

今、仕事に少し余裕があるので、一気に読んだ。

本気で「この夢から抜け出さなければ・・・」と思った。

今、コースを学習しているかた、これから学習しようとしているかたに、とても参考になるんじゃないかと思う。

 

theartofzero.php.xdomain.jp

blog主さんには無断で紹介しています。(いつものことですが・・・)

機会があれば、ご挨拶するつもりです。(といって、散々載せている香港さんにさえ、いまだにご挨拶していない。)

 

 

Kim Walker-Smith  - Christ The Rock

www.youtube.com

T11-3 闇から光へ

T11-3 闇から光へ - テキスト第11章(神かエゴか)

 

光の中を歩みなさい。

そして、の同伴者たちなど見ないことです。

そんな者たちは、光の中で光から創造された神の子と旅を共にするにはふさわしい仲間ではないからです。

 

あなたは、神の御前に、傍らに闇に属する者たちを伴って入ることはできません。

けれども、あなたは自分ひとりだけで入ることができるわけでもありません。

 

あなたの兄弟たちみんなが、あなたと一緒に入らなければなりません。

なぜなら、あなたが兄弟全員を受け入れるまでは、あなたは神の臨在へと入ることができないからです。

 

というのは、あなたが完全にならないかぎり、あなたには全体性を理解できないからです。

また、もし子が大いなる父の全体性を知りたいと望むなら、神の子のどの部分も除外することはできないからです。

 

あなたの心の中で、あなたは神の子全体を受け入れることができるし、あなたの大いなる父が神の子に与えた光で神の子全体を祝福することができます。

 

 

★朝から「私は全体から来た」という言葉がきていた。

 

・・・・・・・・・・・・・・・

これは(トマスの福音書)六十一項から抜き出した言葉なんだけど・・・・。
──わたしは全体であるものから来た。

わたしは「父」から与えられている。

ゆえに言う。

全体であれば光で満たされるが、ばらばらであれば闇に満たされるであろう。
 さっきの話に戻ると、言い換えれば、あなたがたは両方ではありえないってこと。少しだけ全体であるなんてことは、少しだけ妊娠しているのと同じで不可能なのよ。忠誠の対象は分割できない。ただ神にだけ心を注ぐべきなの。

赦し – The Art of Zeroより

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

★神の使者だったんだ・・・

「全体であるものから・・・」か・・・